気が付けば体重が15キロも増えて

気が付けば体重が15キロも増えて

妊娠している間は、まずはお母さん本人がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても大切なことだと思います。

 

 

 

初産は特に今までとは全く違う自分の体や周りの環境に戸惑うことも多く、知らないうちにストレスが溜まっていくのではと思います。

 

 

 

そんなときに、栄養の偏りがないよう、また赤ちゃんの為にと健康に気遣うのは当然のことですが、極端に行動や食事に制限をかけることは逆に精神衛生上いいことは無いと思います。
心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。妊娠23週で子宮頚ハ無力症との診断を受け、24週でシロッカー手術をし自宅安静中のただいま34週に入りました。
いわゆる正産期まで日はありますが胎児も2000グラムとすくすくと育ってくれて早産になってしまわないかと不安な日々ですが、産休に入り、穏やかに日々を送っています。ネットを見ていると同じく切迫早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。このまま日々穏やかに元気な赤ちゃんを産めるよう、あとわずかの妊娠生活を楽しみたいと思います。

 

 

妊娠中はとても太りやすいです。
あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、仮に太ったとしても痩せると思い、特に制限なく好きなものを食べていました。

 

 

すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、料理や掃除といった家事をするのにとても苦労しました。出産してから一年経ちますが、まだ出産前の体重には戻せていません。
やはり一般的に言われている通り、栄養のことをちゃんと考え、食事にも気を付けて、運動も欠かさずにすることが重要だと感じました。

 

妊娠中はおへそが出てしまって不安に思っている人も少なくないでしょう。
月齢とともに大きなお腹になるにつれお腹の皮膚も伸ばされるので、必然的におへその窪みも浅くなり、でべそのようになってしまうのです。胎児や子宮が大きくなるにつれて内部から腹部を外側に押しているのでおへそも外に出てくるようになっても当たり前のことです。妊娠している間の体重管理はけっこう大変です。

 

食欲が減退する悪祖の方もいますし、かえって変に食欲が旺盛になるタイプの悪祖もあります。
思わぬ速さで体重の増加が進んでしまったとき、お家でも楽チンに出来るやり方があります。

 

やりかたは、じっくりお風呂で温めながら足の指からすべての関節を右に10回と左に10回まわしましょう。
こうする事で滞りがちなリンパの流れが良くなり体重が増えにくくなります。

 

 

どうしても甘い物が食べたくなってしまう時には、寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分用に作製することがおススメです。

 

 

 

妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人に力を貸してもらいながらゆっくりめに過ごしてほしいものです。家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事に入れ込みすぎると体調が悪くなったり、精神衛生上も影響が出ます。つわりが悪化した時には食べることのできるものを食べ、後ろめたさを感じないようにしてほしいです。

 

わたしはつわりがひどかったのですが、葉酸サプリは、頑張って少し取り入れるように意識しました。妊娠中と妊娠前とでは、身体が変化しているということをきちんと認識していなければなりません。まだ妊娠始めはお腹も小さく、目立った変化が無いので妊娠する前と同じ感覚で動きがちです。が、赤ちゃんの身体が形成される大切な組織が作られる頃なので、自身の調子がいいからと言って無理のないように過ごしたいものです。

 

心身ともにのんびり過ごし、身体を休めることが大事です。

 

 

 

切迫早産になり私が特に注意していた事は、絶対体を冷やさないことです。夏場でも常に靴下を履き、足首を触って冷たいようであればレッグウォーマーも履きました。当然、裸足でサンダルなど考えられません。冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを貼っていました。暑い日、冷たい飲み物が飲みたくても我慢して常温のものや暖かいものを飲むことを心がけていました。妊娠中は太りやすい体になっています。私はあまり太らない体質でどんだけ食べても太らないし、また太っても簡単に元に戻せると思い特に制限なく好きなものを食べていました。ですが、気付いたら15キロも増えてしまい、何をするのも非常に苦労しました。

 

 

 

産まれてから一年経っても、未だに体重は戻せていません。やはり、世間や医師の言う通り、栄養を考えて食事制限をし、ほどよい運動も必要だと思いました。
初めて奥様がを妊娠すると、多くの旦那さんはどのようにサポートすれば良いかわからないと思います。

 

 

 

まずは夫婦で過ごす時間を増やしてみましょう。不安の多い妊娠中に奥さんの安らぎに繋がります。

 

 

妊婦健診は産院まで一緒について行ってみましょう。自分がパパであることをだんだんと実感出来るようになると思います。気をつけたいのは、産院は基本的に女性優先だということ、女性が座れるようパパは隅で待ちましょうね。妊娠中はパパにも慣れないことが多く大変かもしれませんが、やはり妊婦さんを最優先してください。
妊娠中にも安心な宅配クリーニングメリットを確認しましょう

関連ページ

食べれるものを、食べれる時に食べましょう
食べれるものを、食べれる時に食べましょう
好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果
好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果
自覚しなくてもストレスはたまっていく
自覚しなくてもストレスはたまっていく
金属アレルギーにかかりました
金属アレルギーにかかりました