好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果

好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果

妊娠も終盤、特に臨月を迎えると赤ん坊が子宮の下部の方へ下がってくるので胃もすっきりめになり食欲もまして体調も楽になるといわれていますが…。それに対し、体重計をじっとみつめます。

 

膨れてきた子宮が股あたりのリンパと骨盤を抑えられるような痛みやむくみが気になります。およそ10万円と言われている検診費用で家計が真っ赤な中、お金の負担が少ないように身体の状態をよくできないか。ということで日々の課題としたいのは30分ほどのウォーキング運動とYoutubeで放映されている50分間の安産マタニティーヨガをします。
妊娠するとおへその部分が出て、不安だという女性も多いです。

 

妊娠中は赤ちゃんの成長に伴いその分お腹の皮膚も伸びるので、自然とおへその窪みが浅くなり、でべそのようになることがあります。赤ちゃんと子宮が大きく成長してくると内側からお腹を押し出すので、同じようにおへそも押し出されるようになるのは自然なことなのです。妊娠線を作らないようにする為には過剰に太ることを避けるほかに、ちゃんと予防クリームを塗ることが大事といわれていますよね。

 

 

 

そして妊娠線予防クリームを塗る際、マッサージもすると効果的です。

 

脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。その際、十分な量の予防クリームを手のひら全体に伸ばし、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。

 

 

 

その際、掴めるところだけでいいので掴み揉みもしておきましょう。友達から経験談として、妊娠すると妊娠線というものが出ると聞き、怖くなり調べてみました。

 

保湿がいいということがわかり、安定期を過ぎた頃から保湿力が高いクリームを必死に塗り続ける日々でした。

 

 

一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。
結果的に何個のボディクリームを使ったか分からないくらい使いました。

 

好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果もありました。
そのおかげか、二人出産したにもかかわらず妊娠線は出ていません。

 

 

妊娠初期はお腹がでてないので妊婦と分からず、こちらから妊婦だと申し出ない限り周りからの手助けは難しいです。

 

体調が優れない妊娠初期に無理をすると、貧血をおこし倒れてしまったり、出血があったり、最悪な事に流産も引き起こします。
仕事や家のことがうまく出来なくても、「今は休むとき」と自分に言い聞かせ責めないことが大事です。

 

妊娠中期になると、不調だった初期の時期が嘘のように思えるでしょう。

 

 

周りの助けを有り難く受け止め、感謝の気持ちを忘れず、出来始めたらやればいいと思います。自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。

 

赤ちゃんを授かったことはとてもうれしいことですよね。
妊婦健診では超音波による検査をしますよね。

 

 

 

順調に胎児が成長しているかを検査するものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。

 

 

赤ちゃんの性別を早く知っておきたいという人多いのではないでしょうか。

 

もし希望通りの性別でなくても残念に思うことはありません。産まれてきた我が子は無条件で可愛いです。妊娠を希望するなら、まず基礎体温をしっかり計測して、生理周期を自分で確かめる事が必要です。
タイミングは排卵日あたりに合わせて夫婦生活をすることで、通常よりも赤ちゃんを授かりやすくなります。

 

 

 

しばらく実践しても妊娠しない時には、パートナーの方とよく相談した上で、妊娠可能な体でお互いあるのか、赤ちゃんができない原因となるものはないか。それを病院でちゃんと調べて貰うことも解決策の1つですね。スイミングならマタニティ用のクラスもあるのでお勧めです。

 

特に妊娠後期、お腹が大きくなって歩くのもきつくなってくるので、水の中での運動はとても気持ちがいいものです。当然ですが、かかりつけのお医者様に相談をしておきましょう。

 

ゆらゆらと浮かぶ事で身体が軽くなり、動きやすくなります。妊婦さんばかりだから相互に心情を察しやすいですし、出産後に次はベビーのスイミングクラスで交流がまた広がるでしょう。
私は40歳直前での高齢出産だったので、医師や助産師さん、先輩ママからもさまざまなアドバイスを受けました。

 

 

 

少し体重が基準より重くなっていたので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。

 

あっという間に20キロ近く増加し、足は象のようにむくみ、妊娠中毒で入院しかかった、ダメな妊婦でした。

 

ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果的には優良妊婦だと自負しています。

 

妊娠中に気をつける事は、摂取する食べ物や栄養に気を配ることです。赤ちゃんは自分で栄養摂取することが難しいため母から栄養をもらうので、気をつけなければいけません。

 

 

ダメなものの中でカフェインがあります。コーヒー、ウーロン茶、紅茶などのカフェインを含む飲料は控え、お酒やタバコもやめることです。

 

また、コンビニなどのカップ麺のようなインスタントは塩分が多かったりするので控えてください。

 

体に優しい家庭的なものを摂取することが大事です。

 

 

 

みかんやいちごのようなフルーツを食べるのもいいですよ。

関連ページ

食べれるものを、食べれる時に食べましょう
食べれるものを、食べれる時に食べましょう
気が付けば体重が15キロも増えて
気が付けば体重が15キロも増えて
自覚しなくてもストレスはたまっていく
自覚しなくてもストレスはたまっていく
金属アレルギーにかかりました
金属アレルギーにかかりました