金属アレルギーにかかりました

金属アレルギーにかかりました

私は妊娠期間中に金属アレルギーにかかりました。

 

妊娠初期の頃は身に着けていた結婚指輪の付近が痒くなって、するとそのうちにかぶれたようになってきました。病院に行ってみたら、肌が敏感になって金属アレルギー風になっていると言われました。このことがあってから、指輪をするのをやめました。
妊娠期間中だけで、子供が生まれてからは状態は治まり、今となって金属で皮膚が荒れることはありません。
妊娠しているとお肌が敏感になるみたいです。妊娠している間は大変太りやすくなります。先日、夫婦水入らずで旅行に行き、めいいっぱい楽しみ、美味しいものも思いっきり食べました。旅行から戻ると、出発前より3キロも増えていました。2日で3キロも太るとは思いもよりませんでした。

 

妊娠していないときは、多少食べ過ぎても翌日セーブしたらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。
ご飯を食べなくても痩せないのです。

 

 

 

必要な栄養を取りながら体重を管理するのは苦労しますが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。
妊娠しているときは自分は健康だと思っている方もいますが、体はというと非常に疲れやすい状態になっています。

 

 

私の経験では特に体の不調がなかったため、妊娠16週目を過ぎて安定期に入ってから旅行の機会が何度かありましたが、これまでとは勝手が違いました。
休憩もせず歩き続けるとお腹の張りを感じて、休憩をとりながら普段よりゆったりとした時間の中で過ごすようにしました。また、旅行について医師に尋ねたら、旅行自体は問題ないが日帰りではなく1泊でも宿泊の方が良いとのことでした。妊娠中のときは穏やかな生活を送るように気をつけましょう。妊娠したての頃は診察でお腹のハリと教えられてもなんとなくしか理解できないと思いますが、なにはともあれ負担をかけないことです。

 

 

自分的にはまだ妊娠以前の気持ちの状態なのでこれくらい平気とか色々やる事があって忙しいと精神的に急ぎ気味になりますが、労力をかけすぎると切迫流産で入院につながりかねません。

 

ちょっとでも疲れを感じたら、体を休めるのがもっとも良い方法です。
のんびりスローライフも心穏やかになれてなかなか素敵ですよ。妊娠初期は見た目に妊婦と分からず、こちらから妊婦だと申し出ない限り周りからの手助けは難しいです。

 

妊娠初期は体調が優れないのに頑張りすぎると、貧血で倒れてしまったり、出血があったり、最悪、流産も起こり得ます。仕事が思うように出来なくても、家事が思うように出来なくても、「今は休むとき」と割り切り自分を責めないことが大切です。妊娠中期になると、初期の体調不良が嘘のように元気になります。

 

 

周りの助けを有り難く受け止め、感謝の気持ちを忘れず、出来始めることができてからやれば良いと思います。初妊娠の喜びのまま、仕事をすぐに退職しました。退職したものの、毎日することがなく退屈な日々となりました。特にすることも無いので、友人とランチに出ることが増えたため出費はかさみ、検診では体重増加を注意されてしまいました。
特につわりも無く元気だったため、程よく仕事をしつつ妊娠ライフを過ごしておきたかったと思いました。

 

私が切迫早産の診断を受けてから注意したことはとにかく体を冷やさない事です。

 

 

どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷えているときはレッグウォーマーも付けました。
当然、素足にサンダルは厳禁です。
冬は腰に貼るカイロ、足の先にもカイロ装着でした。暑さで冷たいドリンクを飲みたい時もこれを我慢して冷えていない飲み物や暖かい飲み物しか飲みませんでした。
妊娠に気付いたら病院へ行って、ちゃんと妊娠しているか確認をしましょう。市販されている妊娠検査薬の精度は非常に高いので、陽性であれば妊娠はほぼ確実です。
ただ、妊娠検査薬が陽性であっても、子宮外妊娠などの危険要素を伴った妊娠である可能性があります。必ず医師の診察を受けるようにしましょう。初診で病院へ行く時期は生理予定日を1週間ほど過ぎた頃に行くのがベターです。2翌週に再度受診しなければならなくなります。やはり妊娠するということはまさに奇跡なんだと思いました。

 

 

私には2人の子供ががいます。ありがたいことに、2人とも妊娠したいと思ってすぐ授かることができたし、自然妊娠でした。

 

 

 

これは、決して当たり前ではないと思っています。

 

妊娠から出産までの経緯は、もちろん人により異なりますが、私もつわりを経験し、また、体質によるものと言われましたが、赤ちゃんがとても小さく、安静にしておかねばならず、毎日不安でした。

 

 

 

妊娠さえすればOKではなく、ちゃんと出産する日まで、気を引き締めておかねばと思っています。

 

 

妊娠中は簡単に体重が増えてしまいます。私は太りにくい体質でいくら食べても太らず、仮に太っても苦労せず痩せられると思い、好きなものを好きなだけ食べていました。すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。

 

やはり一般的に言われている通り、栄養を考えて食事制限をし、運動も欠かさずにすることが重要だと感じました。

関連ページ

食べれるものを、食べれる時に食べましょう
食べれるものを、食べれる時に食べましょう
気が付けば体重が15キロも増えて
気が付けば体重が15キロも増えて
好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果
好みの香りのクリームを使うことでリラックス効果
自覚しなくてもストレスはたまっていく
自覚しなくてもストレスはたまっていく